山田の感応楽

山田の感応楽

感応楽は天地感応楽または国楽とも呼ばれ、五穀豊穣、雨乞い、天下泰平、国家長久を目的とし、4月30日、5月1日(隔年)の両日に大富神社、住吉御旅所、各神社で奉納されます。中楽が腰蓑赫熊姿で陣太鼓を振り打ち鳴らし、団扇使いが5尺ほどの大きな団扇を振る姿は勇壮で、神と人との感応という緊張感のなかで行われる舞は、見る人を魅了します。