宇島祇園

宇島祇園

文政8年(1825)、藩主小笠原忠固公の御座船「天祥丸」が海路参勤交代の途中、折からの時化で難をなしたところ、宇島の漁民が救った事が起源と言われています。毎年5月3・4・5日に開催され、神輿と6台の山車が町内を練り歩きます。5日の宇島神社前への集結でクライマックスを迎え、駆け抜ける山車の勇壮さは一見の価値があります。