甲イカ・紋甲イカ

甲イカ・紋甲イカ

豊前海には春から初夏にかけて、甲イカ、シリヤケイカ、紋甲イカの順に産卵のため来遊し、その産卵習性を利用して、「いかかご」で漁獲します。その身は厚く、もっちりとやわらかく甘みがあり、刺身、焼き物にするほか中華料理などに用います。イカの中でも、甲イカのゲソには、肝臓によいとされる、アミノ酸の一種「タウリン」が特に多く、酒のつまみには最適です。うみてらす豊前や道の駅の漁協直売所などでお買い求めいただけます。