求菩提山

求菩提山

求菩提山(782m)は、九州では英彦山と並ぶ山岳修験のメッカであり、かつて多くの山伏たちが住んでいました。遠くから見ると、お椀をふせたような形をしている伝説の山です。東の登山口(鳥井畑)から40分も歩くと、山の中腹「構の石門」に着きます。これより先は坊中(山伏の集落)跡であり、修験道の遺跡が並びます。座主坊園地の駐車場から杉谷の山道を登り、さらに「獅子の口」を経て、約20分で国玉神社中宮に到着します。上宮へは、ここから胸突き八丁の石段を上ります。自然石を組んだ850段余の石段は「鬼の石段」と呼ばれ、権現様に山から追われるのを恐れた鬼たちが一夜にして築いたと伝えられています。上宮のある山頂には、巨石群が横たわり、その裏には時折蒸気を噴き出す「辰の口」があって、古代自然崇拝の原点を感じさせます。

http://www.city.buzen.lg.jp/kanko/shizen/kubote.html