蔵春園

蔵春園

蔵春園は、文政7年(1824年)恒遠醒窓によって上毛郡薬師寺村に開設された漢学私塾で、恒遠塾とも呼ばれました。恒遠醒窓は、17歳の時、儒学者広瀬淡窓が主宰する私塾・咸宜園に入門、五年間を日田の地で過ごし、塾頭を勤めたりもしました。長崎遊学後、22歳で故郷に帰った醒窓は私塾を開設。醒窓の死後は、その子精斎が塾を継承し、明治28年(1895年)までの70年間、蔵春園の教育は続けられました。当時の書などが残っています。

http://www.city.buzen.fukuoka.jp/buzenbunkazai/