如法寺

如法寺

求菩提山護国寺の末寺の一つとして、写経所の役割を担いました。また、求菩提山の北東方角に位置し、山門には金剛力士像(県指定有形文化財)が置かれ、悪魔や邪霊が入らないように「鬼門封じ」としての役割もはたしていたといいます。戦国時代に、宇都宮氏滅亡と共に焼失しましたが、江戸時代に黄檗宗の寺院として復興されました。現在では蓮の花が有名となり、蓮寺とも言われています。

http://www.city.buzen.fukuoka.jp/buzenbunkazai/