深翠居(旧蔵内邸)

旧蔵内邸(国指定名勝)

戦国時代の地元の武将"宇都宮氏"の家臣の末裔・藏内家は、古くからの地主で明治時代に筑豊地方(福岡県)で炭鉱に着手しました。その後、昭和前期まで福岡県内で炭鉱を、大分県ではスズや金などの鉱山を経営して財をなしました。

旧藏内邸は、藏内家三代(次郎作、保房、次郎兵衛)の本家住宅で、明治39年に母屋や庭園が造営され、炭鉱の栄華を極めた大正5年に、大きな接客施設とするため大増築され、今もその姿をよく残しています。

庭園、建物、周辺一帯は国指定名勝に指定されています。

築上町歴史散歩ホームページ   http://chikujo-rekishi.jp/