船迫窯跡公園

船迫窯跡公園(国指定史跡)

船迫窯跡公園のある土地は良質な粘土質で、約1300年前の古墳時代から須恵器(灰色の硬い焼き物)が作られ始め、7世紀中頃になると瓦も作られるようになりました。奈良時代には豊前国分寺(福岡県みやこ町)の屋根瓦をつくる巨大な工房を建て窯で焼きました。
船迫窯跡公園は、工房と窯跡が一体となった全国でも数少ない遺跡博物館で、自然の中で古代焼き物の歴史を感じることができます。
また、施設内では「勾玉づくり」と「陶芸体験」ができます。

築上町歴史散歩ホームページ http://chikujo-rekishi.jp/