金富神社

金富神社

築上町で一番古い神社。ご祭神は、八幡神(応神天皇)とその父・仲哀天皇と母の神功皇后、木花開耶姫命の四柱。


724年、天皇の命により宇佐八幡宮(大分県宇佐市)が建てらた際、ここで仮の神社が作られ「斧立神事」が行われました。この仮神殿が金富神社の起こりです。
ちなみに、宇佐八幡宮建立のための木を切り出す「杣立」の儀式は"本庄の大楠"のある本庄村で行われました。