苅田山笠

苅田山笠

宇原(うはら)神社の神幸祭(じんこうさい)として、毎年9月下旬〜10月第1日曜日の15日間にわたって開催されます。苅田山笠は、その間に灯山(ひやま)・幟山(のぼりやま)・岩山と3度姿を変えるという、全国的にも珍しい特徴を持っています。最終日の10月第1日曜日には、勇壮・華麗な山笠14基が苅田っ子に曳かれて町を練り歩き、苅田町役場の駐車場に勢揃いします。そのクライマックスでは、山笠のぶつけ合いが激しく行われ、このことから、苅田山笠は「けんか山笠」とも呼ばれています。約570年の伝統を持つ町内最大の秋祭りで、福岡県の無形民俗文化財に指定されています。