九州電力苅田(かりた)発電所

九州電力苅田(かりた)発電所

苅田発電所は、昭和31年にわが国の火力発電所技術を世界水準まで引き上げる基礎となった1号機が誕生して以来、次々に新鋭の発電設備が増設され、最盛期の昭和47年には発電機5基、総出力98万2千kWを誇る九州最大の発電所となりました。 しかし、燃料情勢の変化により、それぞれ休止運用から廃止となり、一時は新2号機を残すのみとなりました。 その後、平成13年7月に石炭を燃料とする世界最大規模の加圧流動床複合発電(PFBC)プラントが新1号機として営業運転を開始し、現在は2基体制となっています。 発電所の見学を希望される方は、日程調整等の必要がありますので、必ず事前にお問合せください。

http://www1.kyuden.co.jp/effort_thirmal_k_hatsuden_k_karita