神武天皇社

神武天皇社

神武天皇社の歴史は古く、「古事記」には「岡田の宮」と称され、「神武天皇が1年余り滞在された」と明確に記載されています。「日本書紀」にも記載があり、この頃から里人が社殿を建立し祀っていました。 幾度も兵火で焼失しましたが、延享3年(1746年)に再建され、大正11年(1922年)には県社に昇格しました。 昭和17年(1942年)には、社用地が陸軍飛行場として徴用されたため、現在地に移転させられました。昭和20年(1945年)、空襲により社殿が焼失したため、御神体は産土神の岡湊神社に遷されました。平成12年(2000年)には伊勢神宮より御用材を受け、社殿が再建されました。

http://okanominato.net