芦屋層群

芦屋層群

遠賀川河口から東側に続く海岸線は岩場の続く景勝地です。この岩の層は、今から3千万年前の古い地層で、斬新世古第3紀末の代表的なものです。ここは化石の宝庫となっており、二枚貝、巻貝、カニ、ワニ、サメ等浅い海に住む生き物や大型の飛べない鳥、プロトプテルム(ペンギンモドキ)の化石も見つかっています。芦屋層群は、地層や化石の観察に適しており、古くから多くの研究が行われてきました。発掘された化石には、芦屋で初めて発見されたため「アシヤニシキ」など「アシヤ」の名のつくものも多くあります。

http://www.ashiyamachi-fko.ed.jp