手向山公園

手向山公園

天下に名高い「巌流島の決闘」を繰り広げた宮本武蔵と佐々木小次郎。 その巌流島を遠望できる手向山公園には両雄の碑がある建てられています。

 

【武蔵の碑】1654年に宮本武蔵の養子である宮本伊織によって建立。

【小次郎の碑】1952年に作家の村上元三氏によって武蔵の碑の隣に建立。

 

また、手向山は門司区と小倉北区にまたがる山で、シイやタブなどの自然林で構成される自然公園となっています。